アーユルヴェータで考える朝お白湯を飲む嬉しいメリットとは?

春の毒出しスパイスお白湯について

おうちアーユルヴェーダヨガこばまゆです。毎日のモーニングルーティンに取り入れて頂きたいお白湯について。

アーユルヴェーダ的丁寧な暮らしユーチューブに初めて投稿したおうちアーユルヴェーダ動画はスパイスお白湯の作り方でした^^

3月後半のアーユルヴェーダのカパという質が増えてだるさ、重さが気になる季節の養生にオススメな台所にある身近なスパイスを使ったお白湯の作り方ついてです。今トレンドのVlog的な世界観をイメージして撮影しました。

 

特に以下の3つのメリットは皆さん関心が高かったようでアクセスが集中しています^^

朝起きがけにお白湯を飲む3つのメリット

  1. 免疫力のスイッチが入る。
  2. 排泄力が高まる
  3. ゆとりを持って1日を過ごせる

詳しくは是非YouTube動画を見てみてくださいね^^(記事の一番下からご覧いただけます。)

補足として以下について説明を追加させていただきます。

ヨガとアーユルヴェーダの浄化法の違いとは?

アーユルヴェーダと深い関わりを持つヨガにも心身を洗い清めるためのシャットカルマという6つの浄化法があります。

ただし使用するのはお湯ではなく水です。そしてナウリ(内臓をぐるぐる動かす)やヴァスティ(浣腸)などなかなか高度な技術を使う浄化法もあり難しかったりします^^;;;

ヨガはそもそも精神修行的な意味合いが強く健康で強靭な肉体を持つ男性が対象だからです。

その点アーユルヴェーダは予防と治療まで網羅した医学として発展していますから病人やプチ不調を抱えがちな現代人が対象です。だから冷えがちで血行が滞りやすい現代人にとっても優しいお白湯や温かいオイルを使うのです。

ところで地球上の生き物で水以外を飲んでいるのは私たち人間と赤ちゃんくらいではないでしょうか。動物も植物もみんな水を飲んでいます。

赤ちゃんはお母さんのミルクを飲み育ちます。私たち人間は水とミルク以外に、コーヒー、紅茶、緑茶、ハーブティー、コーラー、ジュース、ワイン、日本酒などお酒。。色々なもの飲んで楽しんでいますよね^^

お楽しみは別として本来の体に合わせるという視点から考えますと私たちも動物で自然の一部ですから体に一番合っている飲み物は水なのです。

 

地球と体と水の関係とは?

地球の7割がおよそ水で構成されていると言われていますが、人間も同じ。でも赤ちゃんの時は75%くらいも水を含んでいたのに老人になると人によっては50%まで減ってしまうことがわかっています。

これは近年の筋膜の研究によっても明らかになりました。つまり死体の筋膜は水気がないのですが、若々しく元気な生きた体ほど筋膜がたくさんの水滴を含んでいて柔らかく伸び縮みができるのです。

アーユルヴェータではこのことをカパ(水)を含んでいる ヴァータ(風)乾燥していると表現しました。

子供の頃はカパが多く、歳を重ねるほどヴァータが増えていくこと、ヴァータが老化とこりや痛み、様々な病気の原因になると。アーユルヴェーダってす、すごいなぁと思いませんか?遥か昔からアーユルヴェータでは地球と人と水の関係に注目していたわけなのです。

5000年経った今も変わらず、どんなに技術が進化しても自然の法則は変わりません。だから自然に寄り添った生き方をすると体も心も整うわけなのです。

疲れやすい方やコリや痛みが気になる方、病気を防ぎたい方、いつまでも若々しく元気に過ごしたい方は水を飲みましょうねっ!!

ここで一つだけポイントがあります。先にも伝えました通り、水は体を冷やします。水の飲み過ぎで体調をむしろ崩してしまう日本人の方が実は多いのです。

欧米人の方々と比べて体温が低いこと、湿気の多い気候が関係しています。レストランに行くと氷水が出てきますが、これは戦後の文化の影響ですね^^;;

 

これでもうむくみから卒業!水を健康的に体に取り入れるための3つのポイント

水を飲んでむくんだり、だるくなる冷えるという方は以下を意識してみてくださいね!

  1. お白湯か常温の水を飲む
  2. 一気にがぶ飲みせず、ちょこちょこ飲む習慣を作る
  3. ストレッチや運動をする

冷えやすい、血行が滞りやすい、消化力が弱くなりやすい方はお白湯が優しいのですが、2のポイントも重要です。水が特に必要な忙しいヴァータ体質の方ほど水を飲まない傾向があるからです。

ちょこちょこ飲む習慣をつけることで内臓に負担をかけないだけでなく、休息時間を設けることができます。

是非忙しくなってきたなと思ったら後でどかっと疲れが出ないようにするために、元気な時から意識的にお白湯や水を飲む習慣を取り入れてみてくださいね。

また3のポイントについてですが、水はけが悪くなっていると中医学でいう水毒という状態になります。汚れた水溜りのような状態に体がなってしまうのです。

体の廻りを促す習慣を作っていきましょう!これも運動が苦手、体動かすのが億劫というカパ体質さんにこそ意識していただきたいポイントです。体をねじる、足を高く上げて足踏みする、そんなちょっとしたことでも効果があります。

特にコロナ禍で誰もが運動不足になりやすいですから是非運動習慣をつけていただくことをお勧めします。

ユーチューブでもたくさんの運動系動画がありますし、私も毎朝、朝美活ヨガをオンラインで開催しています^^

最後にスパイスについて少しだけ書かせていただきます。

スパイスの4つの効果とは?

アーユルヴェーダではスパイス、中医学では漢方、日本では薬味という名称で古来より植物をカラダとココロの状態を整えるために飲食として取り入れてきました。

スパイスには様々な効果が期待できるのですが、主な効果は4つです。

  1. 血行を促進し体を温める
  2. 消化を促進する
  3. 殺菌、消毒効果
  4. デトックス作用

多くのスパイスが温熱性のスパイスで体を温め血行を促していきます。なのでピッタという熱の強い体質の人や暑い時期はスパイスは注意深く使用しなくてはなのです。

でもそういう時と人のためのクールダウンのためのスパイスも実はあるので別途スパイスの記事で詳しく書かせていただきますね!

春はまだ寒く朝と晩の気温差があり、気候が揺らぎやすい時期です。一気に植物たちが育ちはじめ、雨もよく降ります。だからスパイスをお白湯にちょこっと入れてあげると重い朝を軽やかに変えることができますよっ^^

スパイスお白湯の作り方YouTube

詳しくは以下から是非ご覧くださいませ。あなたの健康と美を応援しております

PAGE TOP